通関士

通関士 NAVI > 通関士の基礎知識 > どういう仕事なの?

通関士の基礎知識

どういう仕事なの?

外国との取引、いわゆる貿易には関税をはじめとするさまざまな機関を通過する必要があります。


それらは、ただ商品を見せれば済むというものではなく、決められた書類に必要事項を記載し、申告漏れがないか、違法性はないか等のチェックを受けなくてはなりません。


こうした業務には、私たち素人ではわかりにくい専門性があるため、これを専門的に行う「通関士」の存在が必要となるのです。


この通関士の主な業務は2つ、貿易に伴う申告書類の審査と確認(押印)です。


「たったこれだけ?」と思うかもしれません。


しかし、この通関士の業務には非常に高度な知識と専門性を必要とし、とても素人にできる内容の業務ではないのです。


また、通関業法という法律の中で、こうした業務は通関士が行わなくてはならないと定められているのです。


輸出入に必要な許可や申請を逃れようとする者や違法な取引を阻止するためにも、このような通関士の業務は現代には必要不可欠と言えるかもしれません。


効率の良い学習で通関士試験を合格したい方へ

通関士の通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

通関士の試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、電話、いずれもOKなので、 わからない問題に
あたったとき、すぐに答えが知りたいという場合にも電話で聞くことができます。

ユーキャンの通関士 講座の資料はコチラ