通関士

通関士 NAVI > 仕事内容 > 勤務時間について

仕事内容

勤務時間について

通関士の仕事は、海外との取引、貿易に関わるものです。


また役所の絡んでくる仕事となる為、その勤務時間もそれに相応したものとなっている場合が多くあります。


通関士の勤務時間はたいていの場合、9時前後から17時あるいは18時といった具合のようです。


もっとも、勤務先によって若干の違いや独自の時間設定がある場合もありますので、就職活動をしているのであれば、確認をしたほうが良いでしょう。


海外との取引という事で、時差などの関係もあり、昼も夜も関係なく働くのかと思われがちですが、実際は役所に習えの時間帯で勤務できますので、安心ですね。


ただ、企業によっては多少の残業があったりしますので、そのあたりはよく確認しましょう。


同じように、休日に関しても、比較的「週休2日制」を採用している所が多いようでした。


もちろん土日休みです。


こうしてみると、通関士の待遇はそれほど悪くないようです。


求人サイトなどでなく、企業ごとに独自で募集をしている場合がかなり多くありますので、積極的に就職活動をしてみても良いかもしれませんね。


効率の良い学習で通関士試験を合格したい方へ

通関士の通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

通関士の試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、電話、いずれもOKなので、 わからない問題に
あたったとき、すぐに答えが知りたいという場合にも電話で聞くことができます。

ユーキャンの通関士 講座の資料はコチラ