通関士

通関士 NAVI > どんな役割があるの? > 通関士の役割について

どんな役割があるの?

通関士の役割について

通関士は、外国と日本の間に立って、そのやり取りを見守る役割をしています。


具体的には、輸出入に関わる書類の申請等になりますが、この業務は専門家つまり通関士に依頼しなくてはならない業務ですので、「通関士なくして貿易は不可能」とまで言い切れるほどの重要な役割を果たしています。


よく、通関士は貿易における「司法書士」のようなものだと言われます。


まさにその通りで、貿易に関わる法律や税など、専門知識なくしてこの業務は行う事ができません。


また、通関士は輸出入に関する提案やアドバイスなど、コンサルタントとしての役割をも担っており、その職域は私たちの思っているより広く、また、重要であるようです。


勤務先がどのような業界なのかによってその役割も変わってきますが、どのような業界で活躍する場合においても、通関士の役割は非常に重要なものである事に変わりはないと言えそうです。


貿易が行われる以上、通関士の業務がなくなる事はありませんね。


効率の良い学習で通関士試験を合格したい方へ

通関士の通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

通関士の試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、電話、いずれもOKなので、 わからない問題に
あたったとき、すぐに答えが知りたいという場合にも電話で聞くことができます。

ユーキャンの通関士 講座の資料はコチラ