通関士

通関士 NAVI > 通関士試験について > 合格率・合格ラインはどれくらい?

通関士試験について

合格率・合格ラインはどれくらい?

毎年1回行われる通関士試験。


この通関士試験は、その難易度が高い事で有名なのですが、2006年度からはさらに難易度が増しているようです。


法律的な専門知識等の強化を狙ったもので、それまでの出題傾向とは全く違った内容が出題されるなどした為、2006年度の合格率はなんと7%まで落ち込んだといいます。


通常、こうした試験を受ける際、「過去問題」を参考にして勉強をします。


市販される問題集や参考書なども過去問題をベースにした「出題傾向」を中心的に扱っていますので、2006年度の内容改変には対応できなかったという事のようです。


受験した方にとっては、災難だったとしか言いようがないのですが、実際の通関士の役割や重要性を考えた場合、「受験用に暗記」しただけの知識ではいけないという事も理解できます。


また、合格基準ラインについては、短答式で各科目「満点の60%以上正解」、記述式で各科目「満点の60%以上正解」で合格となっています。


ただし実務試験については、作成する書類ごとに合格基準をクリアする必要があります。


効率の良い学習で通関士試験を合格したい方へ

通関士の通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

通関士の試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、電話、いずれもOKなので、 わからない問題に
あたったとき、すぐに答えが知りたいという場合にも電話で聞くことができます。

ユーキャンの通関士 講座の資料はコチラ