通関士

通関士 NAVI > 通関士試験について > 通関士試験とは?

通関士試験について

通関士試験とは?

通関士は、貿易に関わる書類作成行ったりするのが主な仕事となる職業です。


この通関士になる為の資格を取得する試験を「通関士試験」と呼んでいます。


通関士試験は、通関士として必要な専門知識を一定の基準以上有しているかどうかを判断する為の試験であり、この基準を満たしていなければ合格する事ができません。


通関士は、諸外国との取引が不正なものでないかどうかチェックする役割をも持っていますので、正確な知識が大変重要となってきます。

こうした事から、2006年度には通関士試験の内容等が変更される等、通関士の資質向上を目指す動きが見られました。


今までの通関士試験では、暗記してしまえば何とかなる・・・といった風潮があり、本当に実力を持った人ばかりが合格していたとも言い切れない部分があったのです。


その為、法律などに関しても正確な理解や解釈の出来ない人たちでも通関士になれてしまっていました。


このような流れでは、貿易がますます盛んになっていく時代にそぐわない事、自国を守るという意味からも見直すべきであると判断されたようです。


効率の良い学習で通関士試験を合格したい方へ

通関士の通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

通関士の試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、電話、いずれもOKなので、 わからない問題に
あたったとき、すぐに答えが知りたいという場合にも電話で聞くことができます。

ユーキャンの通関士 講座の資料はコチラ