通関士

通関士 NAVI > 現状と今後 > 通関士の現状について

現状と今後

通関士の現状について

「経済大国ニッポン」。


貿易なくしてわが国の成長はあり得ません。


それくらい私たちの生活に密着している貿易なのですが、この貿易に必ず必要とされる通関士の現状はどのようになっているのでしょうか。


経済の発展と共に、各企業は海外へと進出しています。


外国で製品を作れば安く済み、利益に繋がるという仕組みです。


このようなシステムを、今はどのような企業でも採用しており、それに伴い貿易もますます盛んとなっています。


このような現状がある中、通関士の数は思ったほど増えてゆかず、慢性的な通関士不足を招いているといいます。


通関士の試験を受験する人は少しずつ増えているようなのですが、合格率が比例して上がって行かないというのが原因のようです。


逆に、毎年少しずつ合格率が下がっているのだという話も聞きます。


国境をまたいだ取り引きが不正に行われないようにするための通関士です。


簡単に合格できてしまうのでは、ある意味「いけない」のかもしれませんね。


このように、通関士の現状は、看護師同様「慢性的な人手不足」に悲鳴をあげているという事のようです。


効率の良い学習で通関士試験を合格したい方へ

通関士の通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

通関士の試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、電話、いずれもOKなので、 わからない問題に
あたったとき、すぐに答えが知りたいという場合にも電話で聞くことができます。

ユーキャンの通関士 講座の資料はコチラ