通関士

通関士 NAVI > 通関士試験について > 試験に英語力は必要か?

通関士試験について

試験に英語力は必要か?

通関士と言えば語学力、と私のような素人は思ってしまうのですが、実際に通関士をしている人のお話を聞いてみると、案外そうでもないようです。


仕事に関しては、語学力を特に必要としない職場もありますし、必須条件としている職場もあることでしょう。


また、通関士試験に関して言えば、「語学力なんて全く必要ない」と言う方が多いようです。


通関士試験の「実務試験」では、輸出入に関する申告書など書類作成をする事になっています。


この書類は特に指示がないのですが「英語で作成」するのが通常なのだと言われているそうです。


かといって日本語で作成してはいけないという事でもないようなのですが「暗黙の了解」という事らしいです。


「それならば語学力が必要じゃない!」と思うかもしれませんが、これも、そうでもないらしいです。


ごく簡単な単語が並んでいたりする程度らしいので、英語の苦手な人でも大丈夫なのだそうですよ。


試験の時よりも、実際に通関士になった時のほうが、語学力を必要とするかもしれませんね。


効率の良い学習で通関士試験を合格したい方へ

通関士の通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

通関士の試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、電話、いずれもOKなので、 わからない問題に
あたったとき、すぐに答えが知りたいという場合にも電話で聞くことができます。

ユーキャンの通関士 講座の資料はコチラ