通関士

通関士 NAVI > 適正について > こんな人は向いていません

適正について

こんな人は向いていません

通関士は、国と国との境目に立ち、さまざまなモノの取引をその目で確認しています。


きちんとした内容で申告されているか、間違いや不正はないか、書類の1枚1枚をしっかりチェックしています。


このように通関士は、貿易関連の書類を扱う仕事をしていますので几帳面な作業が求められるかもしれません。


また、「ちょっとぐらい・・・」といったような不誠実な人柄では勤まらないと言えるでしょう。


通関士次第で不正も行えてしまうような、そんな重要なポジションですから、それを利用した不真面目な態度はいけません。


あくまでも誠実に仕事をこなし、信頼を裏切るような行為はしない事が大前提でしょう。


もちろんこれは、通関士に限った事ではありませんよね。


どのような仕事でも、不誠実な態度を取るようでは勤まらないと言えるでしょう。


通関士のような、貿易に関わる重要な業務を行う人であれば、それはなおさらの事ですね。


仕事というのは、決して「能力」だけで行うわけではないのです。


誠実さ、真面目に取り組む姿勢、善悪をきっちりと区別する勇気、こうした「能力」も非常に重要なのです。


効率の良い学習で通関士試験を合格したい方へ

通関士の通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

通関士の試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、電話、いずれもOKなので、 わからない問題に
あたったとき、すぐに答えが知りたいという場合にも電話で聞くことができます。

ユーキャンの通関士 講座の資料はコチラ